TOYOPayの申し込み方法や使い方の解説をします♪【2022年8月~2023年1月】

TOYOPayのロゴ グルメ

この記事では、TOYOPayの応募方法や使い方を紹介しています。
また、今後の最新情報も随時更新していきます。

TOYOPayとは

TOYOPay(とよっペイ)とは、愛知県豊橋市が発行する電子商品券の事です。この「コロナ禍」における消費の落ち込み等、長期に渡り影響を受ける事業者への支援・経済対策として、「豊橋市プレミアム付電子商品券(TOYOPay)」事業が実施されました。

今回も紙の商品券ではなく、スマートフォンを利用した非接触型を採用することで、感染症対策に配慮されています。

豊橋市内のお店をとよっペイで応援しよう!

TOYOPayの概要

販売価格とお得になる額は?

▶販売価格 4,000円
▶額面 5,000ポイント(5,000円分)
▶お得額 1,000円(但し、うち500円は飲食店での利用に限定)
▶注意事項 お1人様5セットまでの制限があります。

ひろゆき
ひろゆき

1セットを4,000円で買って、5,000円分使えるんだ。でも500円分は飲食店での利用が条件てことだね。

どこで買えるの?

今回発売されたTOYOPayは、インターネットによる抽選販売です。

一次販売の申し込みは7月11日12:00~8月12日23:59までに専用サイトから申し込みを行います。

抽選結果は8月22日に電子メールで通知されますので、当日が楽しみですね。

その後、専用サイトから購入手続きを行うとTOYOPayを使うことが出来ます。

Toyopay公式サイトから確認してください。

ひろゆき
ひろゆき

今回の販売セット数は100,000セット。前回の販売で認知度が上がったので、申し込む人も多いかもしれませんね。

また、利用期間は2021年8月22日から2022年1月31日までの約5か月です。期間を過ぎるとすべて無効になりますので、必ず期間内に使い切りましょう。

ちなみに今回の2次販売の情報は後日公開予定となっています。

飲食店ポイントの計算はどうなってるの?

500円分の飲食店での利用(飲食店ポイントと呼びます)について、どのように計算されるのでしょう。

▶最初に飲食店を利用したとき・・・飲食店ポイントから先に消費されます。
 例)飲食店で500円利用=残り4,500P(飲食店P=0,共通P=4,500P)
 例)飲食店で1,200円利用=残り3,800P(飲食店P=0,共通P=3,800P)

▶最初にドラッグストアで利用したとき・・・通常ポイントが消費されます。
 例)ドラッグストアで500円利用=残り4,500P(飲食店P=500,共通P=4,000P)

ひろゆき
ひろゆき

あまり深く考えることはないです。500円分は必ず飲食店で使いましょう、って事ですね。

お店での使い方は?スマホが必要?

実際にお店で使うには、スマートフォンが必要です。店舗にQRコードが設置されているので、会計の際にスマートフォンでQRコードを読み取ります。スマートフォンのブラウザ(SafariやGoogleChromeなど)で専用サイトを開きます。※専用アプリはありません。下の動画をご覧ください。(TOYOPay公式の動画です)

また、申込時にクレジットカード決済を選択した方は、ログイン後にまずクレジットカード情報の登録を忘れずに行ってくださいね。その後、お店で利用しましょう。私も直前まで忘れていましたので…。

ひろゆき
ひろゆき

通信できるスマートフォンを忘れないようにね。ウェブサイトのログインIDやパスワードも忘れないで。お会計の際に困ってしまいます。

利用できるお店を探す

6月29日現在、約550店舗以上が登録されているようです。飲食店だけではなく、ドラッグストア、ホテル、美容室、カー用品店やスーパーマーケットなど、様々なお店で利用できるようです。

利用できるお店の一覧表はこちらから

私の利用履歴は…

ここはみなさんあまり興味ないかもですが、私の昨年度のTOYOPayの使い道を…。なるべく豊橋で頑張っているお店で使いたかったので、大きなチェーン店ではなるべく使わないようにしました。

◇2021/12 喫茶れもん 780ポイント 残り 4,220ポイント(円分)
◇2021/12 ゴンチャ豊橋駅店 760ポイント 残り 3,460ポイント(円分)
◇2022/01 フレ・ドゥ・クリュ 3,032ポイント 残り 428ポイント(円分)
◇2022/02 夢菓房 童庵牛川店 428ポイント 残り 0ポイント(円分)

以上、使い方を紹介しました。詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。
TOYOPay公式ウェブサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました